農業生産条件の不利益な中山間地域等において、過疎化や高齢化が進む中で自然的・経済的・社会的条件の不利性から、担い手の減少、耕作放棄地の増加などによって、多面的機能が低下し、大きな経済的損失が生じることが心配されています。このため、農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するという観点から、この制度が実施されています

 現在4集落が対象地域として集落協定の認定を受け、農業生産活動を共同で行っております。


 - 中山間地域等直接支払制度のしくみ -

 ●対象農地

  農業振興地域の農用地区域内で、次の要件を満たす一団の農地で、その合計面積が1ha以上のもの。
  (1) 急傾斜農地(田:1/20以上、畑:15度以上)
  (2) 緩傾斜農地(田:1/100~1/20、畑:8度~15度) 

 ●対象行為

  耕作放棄の防止等を内容とする集落協定に基づき、5年以上継続される農業生産活動

 

       平成30年度実施状況

                         協定集落名           山田・上虻川・羽白目・金山集落協定

            農用地面積                  200,108㎡