認定農業者について


農業経営上での悩みを解消していくための一つの手段として認定農業者制度があります。この制度は農業者自らが経営改善計画をたて、その目標達成のために意欲を持って経営の改善・発展に取り組み、市や県などがこれら認定農業者に対して施策を集中して支援措置を講じていくものです。農業者は5年後を想定した「農業経営改善計画」を作成し、認定審査を通して認定され、その目標にむかって営農を展開していきます。

 

認定農業者のメリット

・認定農業者に農業委員会が農地を優先的に斡旋します

・経営改善に関する相談会の情報提供を行います

・機械や施設の導入への助成(リース)をします

・低利な農業制度資金の融資が受けられます

・制度上の特例措置が受けられます

・担い手経営安定対策(所得補てん)への加入ができます

・補助事業等への優先採択