東京オリンピック・パラリンピックでの食材調達基準では、国際水準GAPや県による第三者確認が要件となっています。

 県では、秋田県版GAP確認制度実施要領を定め、GAPの普及推進と認証GAPへのステップアップを支援することとしております。

 

制度の概要

 ○ 対 象 者:県内で農産物を生産する農業者または団体

 ○対象区分:米、野菜、果樹、きのこ

 ○有効期間:1年間

 ○申請料金:無料

 ○確認基準:【個人】県版GAPの全ての項目に適合すること

       【団体】複数の生産者が共通の農業管理方法を採用し、その取組の

                       遵守を管理する事務局を有する場合、団体を構成する生産

           者の平方根数(100経営体の場合は10)を無作為に抽出し

           県版GAPの全ての項目に適合する場合は、団体の構成する

           全ての生産者を適合とします。

 ○申請窓口:各地域振興局 農林部 農業振興普及課

 

詳しい内容については、県のHPを参照ください。

県HP→www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/30194