全国的に風しんが流行していることから、令和4年3月31日までの3年間、風しんの予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に無料で風しんの抗体検査と予防接種を実施します。

  今年度は昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性へ、無料クーポン券を送付します。(令和2年4月下旬から5月上旬の予定)無料クーポン券を使って、風しんの抗体があるかどうか確認しましょう。  

 風しんとは

風しんは、感染力が強く、特に妊娠初期の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんに難聴などの障がい(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。また、大人が風しんにかかると、発熱や発疹の期間が長期化したり関節痛がひどくなり、1週間以上仕事を休まなくてはならない場合があります。

 

今年度の優先対象者

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性

※令和2年4月下旬から5月上旬ころ無料クーポン券を郵送します。

 

優先対象者以外で対象となる方

①令和元年度に優先対象だった昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性で、風しん抗体検査・予防接種クーポン券をお持ちの方は、クーポン券の有効期限が延長されましたので、令和3年3月31日まで使用できます。令和2年2月に市より送付しました、ハガキと一緒に医療機関へお持ちください。

②昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性でクーポン券を紛失された方は再発行しますので、身分証明ができるものと印鑑をお持ちのうえ健康推進課へお越しください。「風しん抗体検査・予防接種クーポン券(再発行)申込書」に記入・捺印していただきます。

③令和元年以降、潟上市に転入されてきた昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方でクーポン券をお持ちでない方は、クーポン券の発行をいたしますので、身分証明ができるものと印鑑をお持ちのうえ健康推進課へお越しください。「風しん抗体検査・予防接種クーポン券(再発行)申込書」に記入・捺印していただきます。

 

本人以外の方が手続きに来られる場合は、委任状と身分証明ができるもの(健康保険証や運転免許証の写しなど)の提出が必要です。

「風しん抗体検査・予防接種クーポン券(再発行)申込書」・「委任状」  (ダウンロード)

 

 

風しん抗体検査の受け方

1.医療機関で検査する場合は、抗体検査を希望する医療機関へ、事前に電話で予約をしてください。

<風しん抗体検査・予防接種を受けられる医療機関>

◎男鹿潟上南秋地区の医療機関はこちら  

◎秋田市内の医療機関はこちら  

 

2.事業所検診で受ける方は、お勤め先の事業所へ確認のうえ検査を受けてください。

 

検査当日の持ち物

① 無料クーポン券  ※クーポン券は切り取らずにそのままお持ちください

② 健康保険証または運転免許証 

 

【 抗体検査の結果、抗体価が低いと判定された場合 】

医療機関で『風しんの定期予防接種』を受けましょう。

① 無料クーポン券  ※クーポン券は切り取らずにそのままお持ちください

② 抗体検査の結果

③ 健康保険証または運転免許証

を提示することで、無料で予防接種を受けることができます。

※予診票は医療機関にあります。

 

 

 ※厚生労働省のホームページをご覧ください。→コチラ