日本人の2人に1人が一生のうちにがんになるといわれていますが、潟上市のがん検診受診率は約20%前後と低い状態にあり、市の全死亡者のうち約3割の方ががんで亡くなっています。がんは早期に発見すればほぼ完治しますが、がんの初期には自覚症状はありません。より早期にがんを見つけ、早期に治療するためにはがん検診を受けることが重要です。

 またがん検診と合わせて、特定健診・健康診査を受けることで生活習慣病などの病気の早期発見をすることができます。近年、30歳代の若い方も生活習慣病と診断されていることから、「30歳代の基本健診」をワンコイン(500円)で実施しています。

 大切な命を守るため、大切な家族とこれからも一緒に過ごしていくためにも家族・知人・地域で声をかけ合い、年に1度、必ず検診を受けましょう。

 

 詳細は広報かたがみ4月号と一緒に配布しました「平成30年度 潟上市住民検診等の手引き」をご確認ください。

平成30年度 潟上市住民検診等の手引きはこちら